FC2ブログ

とことこ山越えて、とことこ戻って

昭和の日の振替休日、4月最後の日。

前日ほど晴れてないけど天気もまぁまぁ。
どこか出かけないともったいない気分。
でもGW中はどこもかしこも混雑してそうで遠出する気にはならへん。

近場で道も混まなさそうなとこ行ってみよ♪
GW中に琵琶湖に近寄ってはいけませぬ。
琵琶湖の周りをぐるっとずっと車が連なってそうな感じやからね。

子どもたちの昼ご飯を用意して出発〜♪


田植えの季節になりましたなぁ。
田んぼに水が入るときれいよね〜。

さっ、山越えるよー。


八風街道の国道421は特に混雑はしてないけど
いつもより車もバイクも多いね。
順調に走ってた車列が急にめっちゃスピードダウンしたから
やっぱりGWは渋滞するんかなぁって思ったら
自転車を追い越すのに手間取ってたみたい。
自転車もいいペースで走るから車やと抜くに抜けないよね。

石榑トンネルのおかげで
簡単に山を越えられるようになって助かるんやけど
昔の石榑峠を越える道、結構、好きやったなぁ。
今は通れなくなってて残念。

景色もよかったし、くねくね感もおもしろかったし。
三重側の道がコンクリート舗装で極端に狭くて急坂でちょっと怖かった。
峠に通行車両を制限するための
コンクリートで作ったゲートがあったんよねー。

・・・と、ちょっと昔を思い出しつつ、
石榑トンネルを凍えながら通過〜。
めっちゃ寒い・・・


国道306を北上してほどなく、川沿いの青川峡へ向かう道へ。
集落の中を通り抜けて進むとお店の案内を見つけた。

「坂を上らずこのまま直進」
坂を上るのも直進するのも少々躊躇する感じやけども。あはっ
案内通りに直進!


しまった!よそのお家に入り込んじゃったかな・・・
と思ったらお店の敷地でした〜。

駐車場は建物の手前の砂利の広場のとこやったみたい。
たまたまお店の方が出てこられたので聞いてみると
停めてもいいとのことで停めさせてもらいました。


MY HOUSEさん。
山小屋みたいやね〜。

なんかちょっとワクワクしちゃう雰囲気。

木の実や動物の骨なんかもあって標本の展示のような・・・
でも売り物やよぉ。

大きなザックもあって登山もしはるんやろなぁ。
ご主人は猟師さんだそう。

外がよく見える窓際の席へ。
鯉のぼりがゆらゆら〜

小鳥のさえずりの中、時々、ニワトリのコケコッコー!が響く。うふふ
のどかやなぁ。

春の芽吹きランチを注文。ランチは月替り

お店の周りの里山で採れたものだそう。
お味噌汁のお味噌も手作りなんかなぁ。
そんなお味がするよ。

山菜の天ぷら、ホタルイカの生春巻き、イタドリの煮物、
クレソンのサラダ、山椒の佃煮、自家製シナチク。

山菜の天ぷらはいろんな種類があって
それぞれ食感とか風味とか違っておもしろい。
クレソンもめっちゃ新鮮!
イタドリが食べれるのは知ってたものの食べたの初めてやわ。

若いときは山菜とかイマイチやったけど
年齢のせいか、味覚が大人になったのか
こういう滋味溢れる味っていうんかなぁ・・・おいしい♪
身体が元気になる気もする。

食後に自家製の完熟梅ジュースも頼んじゃいました。
窓の外に見える梅の木の実を使ってはるんやろなぁ。

さっぱりとおいしい〜♪

お腹もいっぱいになって、山の幸に元気ももらって
さてと、行きますか〜。
また来よっと♪


あっ、ニワトリが前を横切ってく。

鳴いてたのは君たちかい?

ヤギがのんびり。
ほんまにのどかやなぁ。

写真ではわからへんけど
土手の上をニワトリが何羽か歩いてたよ。


岩が剥き出しでそびえ立ってるんやけど
この写真じゃ伝わらへんなぁ。

滋賀と三重の間の鈴鹿山地やけど、
同じ山でも三重側は険しいね。


306を南下して、421との交差点を越えて南へ。


ほどなく到着♪

宮川ダムがどーん!

いやいや、ダムを見に来たのではありませぬ。

食後のコーヒーをいただきに来ました♪
かふぇたかのさん。


店内からもダムが見える♪


つるし雛?かわいい。

失礼ながらお店の外観からは想像できないような
広々とした店内に立派な欄間や梁が素敵。

食後のコーヒーをと言いながら
お腹いっぱいのくせに本日のケーキも頼んじゃいました。エヘヘ

コーヒーはたいていミルクを入れる私が
なんと!ブラックでいただけたという。
苦味が少なくて美味しかった〜♪


立て続けに飲み食いしてお腹パンパン。
腹ごなしも兼ねて走ろーっと。
どこ行こうかなぁ。
滋賀に戻って遠回りしながら帰ろうか・・・

あっ、むか〜し一度行ったことがある神社に改めて行ってみよ♪


306をとっとことっとこ南下。
ほんまにGWなんかな?って思うくらい快走。


椿大神社に来たよー。

「つばきだいじんじゃ」ではなく
「つばきおおかみやしろ」って読みます。

参道の木々の立派さ。
清々しいね〜。
気持ちがいいよ。

伊勢神宮を凌ぐパワースポットという話もあるとか!?

参道脇の溝の蓋に感心してしまったわぁ。

見事なフィット感。


ではでは、本殿でお参り。
願い事は・・・ナイショ。うふふ

御祭神は猿田彦大神。
天孫降臨で瓊瓊杵命の道案内をしたということで
道開き、導きの神様だそう。
これで迷子にならへんかも?

別宮の椿岸神社にもお参り。
御祭神は天鈿女命。
芸道の祖神、鎮魂の神、夫婦円満、縁結びの神だそう。
異性を惹きつけるオーラを授かり魅力度がUPするとか。
まっ、今更、そんなオーラを装備したところで関係ないけどぉ。

そのお隣にあるかなえ滝。

その名の通り、願いが叶うらしい。
携帯の待ち受けにすると良縁に恵まれるんだとか!?


境内をのんびりと散策。
神社と鎮守の杜のパワーをいっぱいいただきながら。


松下幸之助さんが茶道の発展を祈念し、
庭園とともに寄進された茶室なんだそう。



焼き物でできた芸術。

大きなカエルの方が気になっちゃった。エヘヘ

弓道場がありました。

練習してはって
矢がズバッ!と刺さる音がなかなかの迫力。

これで境内をくるっとひと回り。
さっ、帰ろっと。
門前にあった名物 椿くさ餅をお土産に。


駐車場に咲いてたヒメシャガ。


道中も山の中のいろんなところに咲いててきれいやったぁ。



後ろの真っ黒なのは茶畑。

鈴鹿の山の麓の水沢(すいざわ)は、かぶせ茶の日本一の山地だそう。
かぶせ茶は、摘み取る3週間〜1週間前に覆いをかぶせて作られるお茶です。


国道477、鈴鹿スカイラインで滋賀へ戻るよー。


で、武平峠の駐車場。


あんまり下界が見えませぬなぁ。


おや?

なんでまたこんなところに?
それはさておき、下山いたしましょ。

思ったより、車もバイクもおらへんね。
ただ登山の人が多くて、車まで戻るのに道を歩いててちょっと怖い。
もっと端っこ歩いてくれるといいんやけど。
道路にはみ出して停まってる車もいるし。
これ、取り締まった方がいいと思うんやけど。


さっ、滋賀に降りてきたよー。

青々とした麦が美しい。

あぁ、いい季節や〜。


あちこちでのんびりしてたもんで
思いのほか時間が過ぎてて、帰宅したら17時回ってたわぁ。
長いお散歩や。うふふ




走行距離 約160km



スポンサーサイト
  •   04, 2018 21:40
  •  0

Comment 0

Leave a comment